信州のお中元・夏ギフト~ながのモール~ 信州のお中元・夏ギフト~ながのモール~

お中元まめ知識お中元まめ知識

お中元まめ知識

「日頃、お世話になっている方へお中元を贈りましょう!」
贈り物も重要ですが、忘れていけなのはお世話になっている方への感謝の気持ちですね。
ちょっとした心配りが欠けていたために、「せっかく選んだ贈り物も台無し!」ということにもなりかねません。
日頃からお世話になっている方に心から喜んでいただけるように、お中元のマナーを知って感謝の気持ちとともに届けましょう!

基礎知識からマナーまで基礎知識からマナーまで

▽基礎知識からマナーまで

そもそもお中元って何?

お中元の由来は、そもそも中国古来の祭り事である1月15日の「上元」、7月15日の「中元」、12月15日の「下元」の三元の内にあるとされています。
7月の「中元」、日本古来のお供え物や贈り物をする習わし、伝来した仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ-7月15日)とが重なり、「お中元」の贈り物が盛んに行われるようになったといわれています。

お中元を贈る時期は?

関東地域では7月の初旬から中旬頃までに、関西地域では7月下旬から8月の1ヶ月遅れのお盆の時期までに、先方に到着するように贈ります。
宅配便などを利用する際は、お早めに手配するようにし、贈り物にカードを添えるか、手紙などで挨拶状を出すのがよいでしょう。
また、喪中の方へ贈っても差し支えはありませんが、四十九日を過ぎていない場合は贈る時期をずらし、「暑中見舞」として贈るのも一つの方法です。
その際は、紅白の水引は避け、白無地の奉書紙に表書きするとよいでしょう。

何を贈ればいいの?

贈り物の金額はだいたい3,000円~5,000円くらいが一般的です。
少人数のご家庭には「量より質の高いもの」、お子様がいるご家庭には「ご家族そろって楽しめるもの」、と贈る相手のことを考えて選ぶのがポイントです。
生ものを贈るときは遠慮せず先方に電話をして、都合を確かめるのがよいでしょう。
お中元の贈り物には、ビールや清涼飲料水などの飲み物が夏の季節ということもあってか人気のようです。

意外と知らない?のし紙のマナー

多くの方は、普段、のし紙を目にする機会は少ないのではないでしょうか?
お中元の時期になり、「あれ?のし紙って何か決まり事があるんだっけ?」と慌ててしまいがちですね。
でも、大丈夫!ルールさえ覚えればこわくありません。
詳細はこちらのサイトをご参照ください。